SPIRALは優れた稼げる優秀な副業になる?それとも返金が必要な詐欺商材?

SPIRALというネットビジネスが気になっています。

非常に優れた副業になるのではないかと期待し色々調べてみました。

近年は副業としてネットビジネスを利用する方も多いですが、難しかったり、作業時間が長くて続けられない方もいるでしょう。

そのため返金を求める方も多いようですが、ネットビジネスはクーリングオフの対象外になっているので返金が難しい場合があります。

今回のSPIRALについては返金するような結果にはならないと思いますが、ネットビジネスという事もあり返金についても調べてみました。

SPIRALについてや返金について知りたいという方はこの記事を参考にしてみてください。

 

SPIRALについて詳しく調査!
このサイトではSPIRALについて詳しく調べています。
ですが、文字数の関係ですべての情報を細かく書くと膨大な情報量になるため一部の情報に関しては別の記事で詳しく説明しています。

下記のリンクからSPIRALに関する様々な切り口で調べた情報の一覧を見ることが出来ますのでよろしければそちらも合わせてご覧ください。

→コチラをタッチすると見れます!
SPIRALの気になる情報だけを集め詳しく調査!!

SPIRALで返金を考えること、弁護士のコストを甘くみてはいけない?

インターネットを見て回っていると弁護士に相談するということ、そして訴訟を起こすということがどういうことなのか甘くみすぎている人が多いように感じます。

弁護士を利用するのにかかるコストは非常に高く、おいそれと利用していいものではないのでは?とそういった方を見る度に頭をかしげてしまうのです。

そしてそれが稼げなかった副業の返金を求める場合などのことであればなおさらでしょう。

SPIRALという副業があります。

3分で3万円を毎日稼ぐことができると公式サイトで述べる投資アプリですがこの副業に関しても同じだと思っています。

なぜ私がこのように述べるか説明させていただきましょう。

一概に弁護士に頼むコストは高くつくものです。

日当換算で数万円はざらにかかり、事務所によっては十万円を超えるところも少なくはありません。

ネットビジネスで返金を求める人がそんな弁護士に依頼をするのは帰ってくるリターンを見越してのことかと思います。

そういった方の数は少なくはなく、「ネットビジネス 返金」で検索をかけるとすぐに弁護士事務所の広告がトップにくることからもその需要をみてとることができます。

確かに専門家を味方につけることで返金してもらえる確率は少しあがるかもしれません。

ですがそのリターンがコストに見合ったものであるかどうかを考えると、そこには少々疑問が残ります。

SPIRALはシステム本体、月額費用やアカウント開設費用などの各種費用が無料となっているので、そのリターンはさらに少なるのでは?というのが個人的な考えです。

最もわかりやすいコスト面についてまず先に触れさせていただきましたが、返金を求める人が弁護士に頼ることで得られるデメリットはそれだけではありません。

弁護士に依頼をするということは長い法廷闘争の始まりを意味します。

丸投げして全てが解決してくれればいうことはありませんが、そのようにいくわけもなく、自らの時間を犠牲に足を運ぶ用事だって発生することもあるのです。

金額、時間を考慮するとやはり弁護士に依頼するのは少々やりすぎであるという答えがみえてきます。

SPIRALの運営に直接相談することの何が賢いのか?

ネットで稼げなかった際にすぐ弁護士や消費者センターといった機関をあてにする人たちは、もっと自分のビジネス相手を信用するべきでしょう。

SPIRALでいうなればそれはSPIRALの運営会社です。

SPIRALは公式サイトのFAQにて「万全なサポート体制を整えておりますので、ご安心ください」「どれだけ知識がない初心者でも一流トレーダーと同じレベルで稼ぐことができます。」と述べています。

それらを信用するならばとてもじゃないですが少し稼げなかったくらいで返金という手を取るのは少々乱暴です。

SPIRALが投資アプリであることを考えると少々損してでも先の利益のために長い目をもって様子をみてやるべきでしょう。

いずれにせよ、多くの人が目先の利益ばかりを優先して、本当に優先するべきがなんなのか見失っているような気がします。

すぐ目の前の事柄ばかりに囚われて、その先になにがあるのか全く考えていないような気さえしてくるのです。

弁護士に相談した結果何を得て何を失うことになるのか、返金という手段に手を伸ばした結果何を得て何を失うのか、少し考えてみればそれらが安易すぎる行動であることにすぐ気がつくことができるはずです。

これからSPIRALで副業をしていこうと考えている人に意識してもらいたいことは、SPIRALの運営会社に直接相談するという手段についてです。

根本的なこの方法に意識がいっていないことから、安易すぎる行動に手を伸ばしてしまうのではないでしょうか?

SPIRALでこれから稼ごうとしている人にとって、SPIRAL内で生じた問題がなんであったとしても、まずはSPIRALの運営会社を通して解決してみようと思う気構えがポイントなのではないかと感じています。

返金を求める場合にもSPIRALの運営会社を頼るべき?

ここまで見てきて返金という手段事態を悪と見る人もいるかもしれません。誤解がないように述べておきますと、私は返金事態を悪手だと見ているわけではないのです。

「返金をもとめる際であっても手段は選んだほうが良い」ということが言いたいだけなのです。

ココまで読んだ方であればわかると思いますが、弁護士に頼るというのは非常にコストが悪いです。

私がこの記事で推奨したいのは一貫してSPIRALの運営会社に相談することであり、それは返金を求めるケースであっても変わることはありません。

SPIRALの運営会社に直接返金を求めるのであれば、返金の要求という手段はすぐにでも実行できる意味有効な手段といえます。

ある意味としたのはそれによりSPIRALで稼ぐという一つの道が断たれるため、3分で3万円を稼ぐことができるとされる部分に魅力を感じてSPIRALを始めた人にとって悪手であることは変わりないためです。

弁護士は時と場合を選んだ上で活用する必要がある手段であるということを覚えておきましょう。